別れはいつも物分かりがいい
一時期は最低一日一更新をしていた人間が、
大体なんでこうもガクンと更新しなくなったかというと、

まぁベクトルが変わったこともそうですが、
簡単に言えばやっぱりモチベーションが沸かなくなったのです。



というわけで、
別に急に思い立ったわけではないですが、
特に悔いもないので、ここでブログとお別れすることにしました。

なので、最後に、素直に思ったままを書いてみました。

こういう場面では、
色々と語りたがってしまうものなんですけれども、
言葉数を増やすだけ言いたいことがわからなくなってしまったりもするものです。



まぁ、結局きっと短くはならないんですけどね。

ほら、性分ですから。








僕のことを好きと思ってくれて、
僕の書く何かしらを見てきて下さった皆様。

本当に心からありがとうございました。

前のブログからの数年間、
僕を(大袈裟に言うと)信じて見てくれる人達がいたということで、
僕のこの数年において、与えてもらった自分の人生の有意義さというのは
決して少なくありませんでした。

今となっては、
こういう言葉を前のブログを見ていてくれた人達には、
全ては届かないかもしれませんが、
色んな人が見てくれて、投げかけてくれたことは嬉しかったです。

文字だけで、何か大事なことを共有できたようないくつかの経験は、
とても価値のあることだったと、今でも信じています。



「なんかよくわからない」けれど、
見てくれていたという方も、ありがとうございました。

統一性もなく、説明もなく、何がなんだか、だったかもしれませんが、
お付き合い頂いてありがとうございました。

これだけは言わせてください。

『僕はポップでキャッチーな人間なんですよ!』



僕のことがあんまり好きじゃない、という人達も、
やっぱりありがとうございました。

「伝わらない」とか、「否定される」ということは、
僕の不完全さや未熟さをいつだって教えてくれる大事なことだと思います。
別にブログだろうが遊びだろうが仕事だろうが。

僕は何かの正解を探したいと思っていて、
それはいつだって主体的なものにしか過ぎないんですが、
それはそれで、僕の人生には必要なことだったんです。

まあそれでも苦手だったらしゃーないんですけれども。
それはそれ、です。

しょうがないですよね。

まぁアレがナニでソレのアレですからね。






今度ばかりは、
本当に「こっそり戻ってきてましたー!」みたいなのはないと思います。

前回は、最初から(やり方は変えるにしても)戻ってくるつもりだったので。

ただ、さすがにこれで知り合った皆さんと
「ハイおしまい」っていうのは寂しいので、それは何か考えていますので、
もしも惜しんで下さる方がいらっしゃいましたら、
非公開でも結構ですので、コメントでも残して頂ければと。



ということで、
長い間僕という人間にお付き合い頂いて、
本当にありがとうございました。

(なんか遺言みたいになってますけれど、死にませんよ汗)

見てくれた人、
関わってくれた人の全てに、感謝をこめて。



ほいじゃ!



f0118224_22253618.jpg

[PR]
by so_utsu | 2010-12-06 20:54 | 頭、もしくはお腹が痛い



無気力です
by so_utsu